代表弁護士
植松 康太
(うえまつ こうた)

植松 康太弁護士番号 No.39033

経歴

  • 平成13年 関西大学第一高等学校卒
  • 平成17年 関西大学法学部卒
  • 平成19年 関西学院大学法科大学院司法研究科卒
  • 同年 司法試験合格
  • 平成20年 弁護士登録(大阪弁護士会)

私は、「依頼して良かった」と依頼者の皆様に満足していただける弁護士を目指しております。そのためには、結果に満足していただくため最大限の努力をすることはもちろんのことでありますが、紛争解決に至る過程においても満足いただくことが重要であると考えます。

弁護士にご依頼される方は現在ご自身の置かれている状況に何らかの不安を抱えておられることが多いと思います。解決に至る過程でこのような不安を取り除くことも弁護士の役目です。事件を徹底的に調べたうえで、事件の見通しや法的な争点などをわかりやすく依頼者の方に説明したうえで紛争を解決していくことで依頼者の皆様の不安を取り除くため真摯に取り組んで参ります。

法的問題でお悩みを抱えておられる方、不安を解消するためご遠慮なく当事務所にご相談ください。

保有資格

  • 事業承継アドバイザー
  • 宅建試験合格
  • 事業再生士補(ATP)
  • 事業再生アドバイザー(TAA)

弁護士
清水 雅紀
(しみず まさき)

清水 雅紀弁護士番号 No.43175

経歴

  • 平成7年 県立加古川東高校卒
  • 平成12年 神戸大学法学部卒
  • 平成21年 大阪大学大学院高等司法研究科卒
  • 同年 司法試験合格
  • 平成22年 弁護士登録

私は、いろんな問題に直面して悩み、困っている方々の力になりたいと思い、弁護士になりました。ご相談に来られた方の不安を少しでも解消できるよう、現在の状況や今後についてわかりやすく丁寧な説明を心がけております。

「こんなことを弁護士に相談して大丈夫かな」と悩んでおられる方もいると思います。ですが、そんなことの中に実は大きな問題が隠されていたり、早く弁護士に相談することで問題が大きくならずに解決できたりすることも多々あります。ですから、そんなときは悩まずご相談いただきたいと思います。

保有資格

  • マンション管理士

税理士
辻 秀明
(つじ ひであき)

辻 秀明

経歴

  • 平成17年4月 関西大学商学部卒業
  • 平成17年4月 有限責任あずさ監査法人 入社
  • 平成20年12月 公認会計士登録
  • 平成26年8月 税理士登録
  • 平成26年9月 税理士法人セルボ・クレール 入社

私は会計・税務業界に14年ほど身を置いており、相続関係の仕事も経験してきました。
実際の相続実務は書籍で知った知識ではまったくと言っていいほど太刀打ちできません、それほどに相続実務は難しいことがほとんどです。
それは、被相続人と相続人との間にある過去の歴史や利害関係があり、また、相続財産の内容も多種多様だからです。
一見複雑そうに見えない相続案件であっても、弁護士と一緒に相続実務をしていくことで、相続人それぞれの心情を解決することができると考えています。

事業承継や生前贈与など相続が発生する前もそうですし、いざ相続が発生してからもそうですが、いろいろな利害関係者がでてきます。
利害関係人者たちは、専門知識もない状態でいろいろと入れ知恵してきたり、自分が得をする話を吹き込んできたりします。
それは営業会社や銀行、他の相続人やその関係者であることが多いですが、長年付き合った税理士もこのような話をしてくることがあります。
罪のない人たちが食いものにされないために、コツコツと相続実務の本質を伝えていけたらと思っています。

弁護士
髙 一成
(こう いるそん)

弁護士番号 No.55129

経歴

  • 平成19年 桃山学院高等学校卒業
  • 平成24年 同志社大学卒業
  • 平成27年 大阪大学大学院高等司法研究科卒業
  • 同年 司法試験合格
  • 平成29年 弁護士登録

相談に来られる方々の抱える問題・悩みは様々ですが、どのような問題であろうと、何らかの解決策があるはずです。みなさまにより良い解決策を提案することができるよう日々研鑽に励みます。また、小学校以来続けてきたサッカーを通じて培った粘り強さを活かして、一つ一つの案件に取り組みます。
そうすることで、結果のみならず依頼を受けた案件全体を通じて、依頼者のみなさまに満足していただけるようにしていきたいと考えております。
まずは、みなさまの抱える悩みをお聞かせください。

対応言語

  • 日本語、韓国語

弁護士
藤原 尚子
(ふじはら しょうこ)

弁護士番号 No.56653

経歴

  • 平成17年 神戸海星女子学院高等学校 卒業
  • 平成21年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
  • 平成28年 甲南大学法科大学院 卒業 司法試験合格
  • 平成29年 弁護士登録

私たち弁護士を必要としている方というのは、自分1人ではどうしようもない問題を抱えておられる方が多いと思います。そのような方々の支えとなるために、法律知識を活用するだけでなく、体温を感じることのできる仕事をしたいと考えています。
私は、中・高・大と通して、テニスをしてきました。その中で培ってきた粘り強さを持ってみなさまの直面している問題に取組み、みなさまに信頼して頂ける弁護士となれるように精進して参りたいと思います。

弁護士
新井 一樹
(あらい かずき)

弁護士番号 No.57364

経歴

  • 平成18年 明星高校 卒業
  • 平成23年 立命館大学経営学部 卒業
  • 平成25年 立命館大学法科大学院 卒業
  • 平成29年 司法試験合格
  • 平成30年 弁護士登録

私は、いつでも、気兼ねなく相談できる、身近で頼りにできる弁護士を目指しております。
経営者としての父を見て育った経験から、その難しさと厳しさを目の当たりにし、同じような立場で悩む方に寄り添いたいと弁護士を志しました。もちろん経営者に限らず、誰しも家族や友人に悩みを相談できないことはあります。一人で悩みを抱えることは、精神的につらく、対処の遅れによる問題の深刻化にもつながりかねません。何事も予防が肝心です。一人で思い悩まず、一度気軽にご相談ください。客観的に現状を分析し、潜在的なリスクを最小限に抑える適切な打開策をご提案いたします。
私は、旅が趣味で、これまで30か国ほど巡りました。旅を通じて様々な国の方と交流し、多様な価値観に触れることで柔軟性が養われたと自負しております。弁護士という枠にとらわれることなく、柔軟に対応して参ります。
「あなたに相談してみて良かった」、の一言を目指して。

対応言語

  • 日本語、韓国語、英語

弁護士
三木 哲平
(みき てっぺい)

弁護士番号 No.59606

経歴

  • 平成21年 西大和学園高校 卒業
  • 平成26年 京都大学法学部 卒業
  • 平成28年 京都大学法科大学院 卒業
  • 平成30年 司法試験合格
  • 令和元年 弁護士登録

小さな不安や悩みは誰もが日々抱えているものです。
しかし,弁護士に相談するという選択を決断することは,その方にとって重大なことです。
私たち弁護士を頼りにしてくださった依頼者様のためにも,より良い結果へ向けて,できる限り迅速に対応できる,そのような弁護士を目指しています。
依頼者様に共感し,一緒に不安を解消して,最後には笑顔で終わることがでるように取り組んで参ります。